緊張の合格発表

 

こんにちはこの時期はなかなか毛布から抜け出せない

羽毛男子鎌田です。

 

 

 

いきなりですが

 

鎌田の心臓は今緊張でバクバクとなっております。

 

 

 

なぜならば、明日12月4日は

今年、令和1年度に行われた「宅地建物取引士試験」

いわゆる「宅建」と呼ばれる資格試験の合格発表日だからです。

 

 

 

この資格を取るために今年1年学校に通って勉強をしていましたので

時間を作るため数々の欲と戦ってきました。

 

毎晩の晩酌の時間も勉強に回(したり回さずにハイボール飲んでウィー!)したり

 

どんなに疲れて帰ってきたとしても睡魔に負けず(35勝158敗2引き分け位)に勉強をしたりと自分を追い込んでまいりました。

 

ただ、やはり集中力というものは長くは続かないものです。

集中力が切れるとテキストの文字を読んでいても

全く頭に入ってきません。

 

それに気づいてまたテキストの同じ部分を読み直す

集中力はやはり残ってなく、頭に入ってこない。

 

この負のスパイラルにはまり、3時間程経過してしまったこともあります。

 

こんな状況を打破するために、簡単にできる息抜きがないかと

色々と考えた結果、営業マンの嗜みでもある靴磨きをするようになりました。

 

靴磨きはそんなに時間もかからずに革靴をキレイにできます。

掃除しかり靴磨きしかり、何かをキレイにするというのは

気分転換にピッタリですよね!!

 

そんな靴磨きを息抜きにするようになったのですが

これが真の負のスパイラルの始まりでした。

 

靴磨きをしていく内に、その奥深さや技術にどんどん魅了され

最初は勉強の合間の15分から30分程だったのが足数も増え時間は倍に、、

さらに、鏡面磨き等をし始めた頃には2時間程かかるようになり

気づけば靴磨きの合間に勉強をするようになっていました。

 

 

そして僕の革靴達はどんどんきれいに気分は上昇!!

宅建の模試の点数はゆっくり落ちて合格率は下降!!

 

 

 

こんな事をいっているようでは一生宅建は受かりませんね。

 

ただ、本当に一生懸命勉強してきましたので

ドキドキしながら合格発表を待ちたいと思います!!

 

ブログとは関係ない内容になってしましたが

今回はこれで終わりとなります!

 

それではみなさん次回までお元気で!

 

 

 

 

 

おおっと!!次回予告を忘れていました!

◎次回予告◎

 

次回のブログは僕の合否によって内容を変えたいと思います!

 

【合格の場合】特集!!宅建合格勉強法大特集!!

~このブログを見るだけで絶対合格~

 

【不合格の場合】グッディングイレブン

 

 

 

 

 

※注 執筆開始日 12月3日(宅建合格発表前日)

執筆完了日 12月5日(宅建合格発表翌日)

気になる漫画の話

 

こんにちは。冬場の寒さで歯が知覚過敏になっちゃう系男子齋藤です。

 

先日、我ながらこのブログを見ていて思ったのですが、

三浦さんのブログにはちょくちょく地元の話題が出てくるのです。

それに比べて私のブログは、私が青森人であることを誰も知らないかの如く

地元の話題を出していないのです。

 

札幌に来て早8年・・

ようやく札幌と青森のハーフ的立ち位置になり、

標準語と津軽弁を使い分けるバイリンガルと札幌中で噂されるはずが、

札幌人には田舎者扱いをされ、青森に帰省すれば地元を捨てたといわれる

所以はこのようなところにあるのでしょう。

 

 

 

ということで、今回は読者の皆様に少しだけ青森のものを紹介します。

一時は講義『青森人とのコミュニケーション』をやるかを考えましたが、

 

 

 

札幌人「こんにちは。初めまして」

青森人「あ゛、こんにぢわ。」

札幌人「・・・もしかして青森出身ですか?」

青森人「んだ。おめわあおもりさわきだこどあんだが?」

札幌人「??・・あ、青森には修学旅行で行きましたよ!りんご!ねぶた!」

青森人「・・・・・・・・・・」

札幌人「・・・・・・・・??」

青森人「かっちゃくちゃねえなおめえ・・(ねぶたの様な形相)」

 

 

という感じで一触即発の雰囲気となってしまいました。

それもそのはず、りんごとねぶたは青森の代名詞。

その単語を出されたところで青森人のハートは打ち抜けません。

北海道にはどこでも牛がいっぱいいると思っている他県の人がいますが、

それと同レベルの呆れような訳です。

 

 

 

今回は皆様に少しマイナーな青森の食べ物を紹介しますので、

“ごく稀に青森人と出会ってしまった場合の話題”と

“何かの間違いで青森に旅行することになった時”には

今回のブログのことを少しでも思い出してもらえれば幸いです。

 

 

  • 味噌カレー牛乳ラーメン

先日の「秘密の〇ンミンショー」でも取り上げられていたラーメンですが、

「味の札幌 大西」という青森市内のお店で食べることができます。

何故この店名かは不明ですが、青森人はこれが札幌ラーメンの味だと勘違いしています。

 

  • 久慈良餅

青森の名菓といえば「いのち」ですが、この「くじら餅」がお勧めです。

クジラが入っているわけではないので何故この名前かは不明です。

 

  • イギリストースト

青森の老若男女がこよなく愛するこの食べ物は、

青森のコンビニやジャスコ(当然既にイオン)で入手可能です。

イギリス発祥のものでもなければイギリスも入っていないので、

何故この名前かは不明です。

 

名前のよく分からないものが多いですが、どれも美味しいので

機会があれば調べてみてください。

 

 

 

おおっっと(鎌田のよく使うやつ)

今回のブログはYouTubeで見ていて気になった漫画を

ご紹介しようと思っていたのにぃぃぃ!

『美醜の大地』という北海道を題材にした漫画ですが、

Youtubeでは『復讐のための美容外科』で検索できます。

ドロドロした話が好きなあなたにお勧めです!

 

へばな!!

グッドニュースvol.1

 

こんにちは。雪と狭い所が嫌いな三浦です。

前回の講義シリーズではやりすぎてしまったため、控えめのブログです。

 

ブログを復活した際に

“あまり凝りすぎない”

と誓っておりましたので、今日は気軽に書きます。

 

そこで、何か気軽に書けることはないか私なりに考えた結果

 

1つの案にたどり着きました。

 

今日はそれの試作という形で書かせていただきます。

 

ほのぼのとした気持ちで読んでいただけましたら幸いです。

 

 

 

【グッドニュース】

 

 

 

皆様こんにちは。冷血アナウンサーの三浦です。

この企画は、グッドフィールドの社内で起こった出来事を

私が感情を込めずに淡々と話していくという趣旨のニュース企画です。

 

 

 

まずは最初のニュースです。

 

 

 

 

 

『グミ、流行る』

 

 

今月8日頃から、グッドフィールド社内にグミのブームが訪れました。

グミが流行ったきっかけを作ったのは、糖質制限ダイエット中の澤口一樹氏。

彼がハードな食感のグミを毎日の様に食べていたところ、

他の社員の「一粒ください」が重なりに重なり、

各々がグミを買って澤口氏の机に寄付する事態が発生しました。

これに対して、机にハードグミ5袋をキープしている澤口氏は

「この固いのがうまいんすよ♪」

と上機嫌でグミを頬張っていました。

 

先月は“チョコエッグブーム”その前の月は“机をかっこよくするブーム”でしたが

来月以降はどんなブームが来るのか、今から楽しみです。

グミは私もいくつか食べさせていただきましたが、

たまに混ざっているハイチュウプレミアムが一番美味しいと感じました。

 

 

 

 

 

次のニュースです。

 

 

 

『アシカ オットセイ 違い』

 

 

先月末、お昼休みの時間に、渡辺太朗氏が自らのパソコンで

『アシカ オットセイ 違い』と調べていたのがわかりました。

午前の仕事を終え、ひとときの休息の際にふと頭に浮かんできた素朴な疑問を、

すぐに調べて解決したのではないかと思われます。

他の従業員の「なんでそんなの調べたんですか?」

という問いに対し、渡辺氏は

「いや逆に知ってた?アシカとオットセイの違い。知ってた?」

と強気の姿勢を見せ応対しておりました。

 

そんな渡辺氏は、今月12日、第1子の誕生を報告しました。

母子共に健康とのことでしたので、是非とも健やかに育っていただきたいところです。

お祝いの言葉はコメントまでお願い致します。

 

 

 

 

 

次のニュースです。

 

 

 

『嵐 二宮和也 結婚』

 

 

今月12日、人気アイドルグループ“嵐”の二宮和也氏が結婚を発表しました。

このニュースはグッドフィールドには関係のないニュースですが、

以前、中村沙織氏に好きな芸能人は誰か聞いたところ「二宮和也」と

回答した経緯があったため、当番組で報道させていただきました。

彼女の真意と心境は不明ですが、無口な私はまだこの件で本人と話しておりません。

“ニノロス”っぽい雰囲気があるので、この際に励ましたい所存です。

 

 

 

中村さん、元気出してください。

 

 

 

以上、グッドニュースでした。

四季を楽しむ

 

皆様お疲れ様です。事務担当の中村です(^^)

 

今年は例年より暖かい秋だったとのことですが、

このブログを書いている今現在は物凄く寒いです・・・。

夏大好き人間の私にはつらい現実です・・・。

 

しかしながら、まだまだ11月も上旬。

天気予報によると暖かい日もまだあるそうなので、残り少ない秋を最後まで満喫していこうと思います!

 

 

、と意気込んでいる私を差し置いて、1人秋を満喫していた男がおりました。

 

画像1

 

 

素敵な紅葉ですね。

そしてその紅葉に負けないくらい素敵にポージングしている男性。

 

そうです、我らが伝説のブロガー、三浦友尋主任です。

 

 

このブログを定期的に読んでくださっている方ならおなじみですが、

初めましての方も勿論いらっしゃることでしょう。

軽く自己紹介をお願いしました。

 

「初めまして、三浦です。

猫と日本酒が好きですが、どちらもアレルギーがあります。

無口で感情がわかりづらいタイプだとよく言われます。」

 

無口かどうかはさておいて、

彼がなぜ伝説と呼ばれるのか、それは過去の彼のブログを遡っていただければ一目瞭然だと思います。

お時間のある方は是非彼のブログを読んでみてください。

「会社のブログ」の概念が変わります。

 

 

それでは、最後に私もむかわ町で秋を満喫してきたので、その時の写真を載せて終わりたいと思います!

皆様体調には十分お気を付けてくださいね!

画像3

 

グッディングイレブン2019「魂のセンターバック」

 

 

~~全てのプジョルファン達に捧ぐ~~

 

 

 

 

 

かつて、闘志あふれるプレーで味方の指揮を上げ

最後まで相手に食らいつく粘り強いディフェンダーがいた。

 

その男は汚いプレーを嫌い、素晴らしいプレーには

敵・味方関係なく惜しみない賛辞を贈った。

 

その男のプレーは味方に「勇気」を、時には「誠実」さを与えてくれる

その姿は正に闘将、、、、、

 

 

 

伝説のセンターバック  カルレス・プジョル

 

 

 

 

 

 

見るブログ間違ったかなと思った方もいると思いますが

 

安心して下さい

 

グッドフィールドの鎌田ですよ!

 

いきなり訳のわからない投稿をしてしまい失礼しました。

 

何を隠そう私自身、高校時代はサッカー部に所属しておりまして

今回ご紹介するセンターバックというポジションを務めておりました。

ですから、思い入れの強いこのポジションの敬愛するプジョル選手は

どうしてもご紹介したかったのです。

 

 

さぁ、無駄話もここまでにして

早速今日も弊社のセンターバックをご紹介していきますよ!

 

センターバックはキーパーを除くフィールドプレーヤーの中で

一番後ろに位置する守備の要と言われるポジションです。

数あるポジションの中でも守備の要と言われる重要なポジションです。

 

又、だいたいの場合センターバックというポジションは

2人でその役割を担う事が多いです。

つまりコンビなのです。

 

そして、これは僕の偏見ですが

コンビの内の一人は、冒頭でもご紹介した

カルレス・プジョルのような闘志溢れるファイタータイプ。

 

もう一人はどんな状況になっても動じないクールタイプ。

この2タイプのバランスが絶妙な時に

センターバックのコンビは輝きを放ち始めます。

 

そして今回、そんな重要なポジションの

ファイタータイプに選ばれた選手は、、、、

 

我らがグッドフィールドの木村支配人!!

 

木村支配人は、整った顔立ちとクールな佇まいなため

一見パーフェクトクールタイプに見られがちです。

 

しかし、一度筋肉の話をし始めると

時間を忘れて何時間でも筋肉談義に花を咲かせ

典型的な乙女体質。

 

私が風邪を引いた際には「筋肉が足りねーからだよ」

と頭まで筋肉になってしまったのかと心配になるような返事をしてきたり

何かミスがあって誰かを説教をするときには

スクワットをしながら説教してくるため

何について説教されているか全く頭に入ってこない

筋肉ゴリラなのです!!

 

(木村さん。決してここで読むのを辞めるのだけはやめてください。)

 

ですが、これは全て社内の雰囲気をよくするための調和のための筋肉。

女性にモテるためという自分の為だけに鍛えている筋肉とは覚悟が違います。

 

又、木村支配人はその役職の如く

全てのフィールド(施工現場)を支配し

歩く図書館と形容される程の膨大な知識量で

後ろから冷静に戦局を見極め、状況に応じた

適格な支持を出すクールさも持ち合わせた生粋の

 

そんな「情熱」と「知性」を兼ね備えた

木村支配人はとても頼りになる

プジョルのような魂のセンターバックなのです。

 

ピッピッピーーーー!!!

 

おおっっとここで試合終了のホイッスルーー!!

次の選手紹介は次節に持ち込みとなりました!

皆様とお会いできるのはまた来月となりますが

次節までしっかりとコンディションを整えて

ベストな状態で試合に臨みましょう!

 

それでは皆様お元気で!!

 

次節

~「グッディングイレブン2019 ICE HEART MESSING AROUND」~

ハロウィン

 

こんにちは。

「睡眠欲の秋」真っ盛りの齋藤です。

 

どうやら今年もあと少し・・・。カウントダウンされるような時期になって参りました。雪虫の舞うこの季節はしみじみとした気分になります。

 

10月に入り、私齋藤もこの会社に入って1年になりました。

この1年を振り返れば私にとって長いようで短いような一年でした。

同業からのチャレンジでしたが、様々な方との出会いと関わりの中で

成長させていただきました。

私の口下手なご説明を聞いて下さったお客様には本当に

感謝感激雨あられ砂嵐雪虫です(∩´∀`)∩

 

徐々に色々な地域で担当させて頂く物件もあり、もっともっと頑張ろう!

そう思っております。

 

 

 

(と、齋藤の中の天使が話しております)

 

 

 

 

さて、世間では「ハロウィン」が近付いているようなので、

私もコソコソと街中に目を凝らしに行こうと企んでいたのですが、

どうやらお休みに合わせて昨日がピークのようで、盛り上がりは下降傾向

気付けば時すでに遅しでした。

 

#地味ハロウィン をSNSで検索かけると

シュールな人が多くて面白いのでお勧めです。

 

 

hd_01-644x146

齋藤はリベンジで今週末の土日までハロウィン気分で物件におりますので、

お菓子のご用意だけよろしくお願い致します。

食欲の秋のせいで多少体重の方が増加気味ではありますが、

ベイマックスの仮装ではないので何卒宜しくお願い致します。

それでは!ハッピーハロウィン!

講義シリーズ『函館人とのコミュニケーション』

こんにちは。紅葉をこよなく愛する三浦です。

前回は更新できずに失礼致しました。ぼーっとしてました。

私が更新していない間に、他のブロガーが頑張ってくれた様で何よりです。

 

 

 

さて、私のブログでは本日も講義を行います。

 

 

 

本日の講義内容は「函館人とのコミュニケーション」です。

 

 

 

突然ですが、皆様は函館人にお会いしたことはありますか?

 

仕事でも、街中でも、向かいのホームでも、路地裏の窓でも構いません。

恐らく、無いと答える方はいないのではないかと思います。

それくらい函館人は日本に生息しているのです。

私自身、22歳まで函館で育ちました。(本当は木古内)

生粋の函館勢であると自負しております。

 

 

 

ではもう一つお聞きします。

 

 

 

函館人と会った時、どんな話をしていますか?

 

 

 

札幌人「こんにちは。初めまして。」

函館人「初めまして」

札幌人「地元はどこですか?」

函館人「函館です。」

 

 

この後に話を続かせるとしたら、どう切り出しますか?

 

思い出してみてください。函館人と会った時のことを。

 

思い出している間、一度デモンストレーションをやってみましょうか。

 

 

 

 

 

 

 

札幌人「こんにちは。初めまして。」

函館人「初めまして」

札幌人「地元はどこですか?」

函館人「函館です。」

札幌人「函館ですか!ラッキーピエロ美味しいですよね!」

函館人「あっ・・・はい・・・」

札幌人「・・・・・・・・・・」

函館人「・・・・・・・・・・(スマホをいじり始める)」

 

 

 

 

・・・・・・どうでしょうか。

皆様の考える切り出し方だと、こうなってしまうのではないでしょうか。

 

 

私は慈愛に満ち溢れているので、このようなことはしません。

函館のことを少しでも知ってくれている人に対して、敬意を表します。

ですが、函館人の多くはこのような状況になると思います。

 

それもそのはず、函館人にとってラッキーピエロは日常の中の食べ物。

水や白米と同じ様な感覚です。

いきなり初対面の人に

「水とか米って美味しいですよね!」

と言われたら、スマホに逃げたくもなりますよね。

それと同じことなのです。

 

ひどい場合は

“この人は函館のこと、ラッキーピエロしか知らないんだ(笑)”

と心の中で笑われ、逆にピエロになる場合があります。

 

気をつけなければなりません。

地元トークには落とし穴があるということを。

それを皆様はあまり意識していないのではないでしょうか。

 

そこで今日は、函館人とのコミュニケーションを成立させる方法を

私が皆様に教えてあげます。

 

 

 

 

 

まず大事なことは、函館人が本当に話したいことを察知することです。

函館で有名なものは、ラッキーピエロ、やきとり弁当、夜景、海鮮丼などがあります。

ですが、それを言われても響きません。

恋愛にはギャップが必要な様に、意表を突くことが大切です。

王道を攻めるだけでは、たどり着けないところがあります。

 

 

(いやそれはラッキーピエロが有名すぎるだけじゃん)

 

 

と思っていそうな顔をしてますね、皆さん。

 

 

では試しにもう一度、デモンストレーションをしてみましょうか?

 

 

 

 

 

 

 

札幌人「こんにちは。初めまして。」

函館人「初めまして」

札幌人「地元はどこですか?」

函館人「函館です。」

札幌人「函館ですか!やきとり弁当美味しいですよね!」

函館人「あっ・・・はい・・・」

札幌人「・・・・・・・・・・」

函館人「・・・・・・・・・・(じっと手を見る)」

 

 

 

 

はい、結果は同じです。

少しマイナーなやきとり弁当でもこの結果です。

 

 

それもそのはず、函館人にとってやきとり弁当は日常の中のもの。

空気と同じ様な感覚です。

いきなり初対面の人に

「空気って美味しいですよね!」

と言われたら、目も合わせたくなくなりますよね。

それと同じことなのです。

 

ひどい場合は

“みんなやきべんって呼ぶから(笑)”

と心の中で笑われ、あなたが空気の様な存在になってしまう場合があります。

 

私はやきべんをよく食べたので

「美味しいですよね!あなたもお好きですか!?」

と笑顔で返すことができます。

ですが、函館人の多くは無言になると思います。

 

 

このように、安易に名物を言うと絶望的な状況に陥ります。

 

ちなみに、今の文章を読んで

(函館人だから、じっと手を見るんだ!なるほど!)

と思った方は、もう合格です。

気を付けて帰ってください。

 

残りの方は居残りです。

講義を続けます。

 

 

 

(いやそれは食べ物ばかりだからでしょ?)

 

 

と思っていそうな顔をしてますね、皆さん。

 

 

何度やっても結果は同じですが、デモンストレーションをしてみましょうか?

 

 

 

 

 

 

 

札幌人「こんにちは。初めまして。」

函館人「初めまして」

札幌人「地元はどこですか?」

函館人「函館です。」

札幌人「函館ですか!先日、私も函館に行ったんですよ!」

函館人「本当ですか!?ありがとうございます!!」

札幌人「いえいえ、たまたまです。」

函館人「謙虚な方ですね!ちなみにどちらへ?」

札幌人「函館と言えば、夜景ですよね!函館山からの夜景を見て来ました!」

函館人「そうですか、気分が悪いので帰ります。」

札幌人「えっ・・・・・・あっ・・・・・・そうか・・・」

 

 

 

 

はい、結果は同じです。

なぜ帰ったのか、もうお分かりですね。

 

もし私がこの立場だったとしたら

「そこに行こうと思った、あなたの心が一番綺麗です。」

と微笑んでウインクするのですが、普通の人は違います。

 

それもそのはず、函館人にとって函館山からの夜景は“プライド”。

人間の本能と言っても差し支えない、負けたくない気持ち。

ライバル視しているのは札幌が誇る、藻岩山からの夜景。

それを藻岩山がある街に住んでいる人に上から言われて、

怒らない人はいないでしょう。

ラッキーピエロでマクドナルドを食べるが如き愚行です。

 

 

 

 

 

おわかりいただけましたでしょうか。

これでは函館人の心は落とせないのです。

食べ物はだめとか、夜景はだめとか、そんな話ではないのです。

もっとディープな、本当に函館人が好きなものを言えばいいだけなのです。

それを調べる気持ちが大事です。やる気が足りないです。

 

 

 

 

ですが、よくここまで読んでくれましたね。

 

頑張って読んでくれたご褒美に、答えを教えてあげます。

 

次に函館人と会った時、この話をしてみてください。

 

きっと喜んでくれるでしょう。

 

 

 

 

 

 

答えは“クレープ”です。

 

 

 

 

 

 

 

札幌人「こんにちは。初めまして。」

函館人「初めまして」

札幌人「地元はどこですか?」

函館人「函館です。」

札幌人「函館ですか!」

函館人「そうです。函館でずっと育ちました。」

札幌人「あれ・・・美味しいですよね。」

函館人「あ、ラッキーピエロですか?それともやきべん?」

札幌人「いや、クレープです。」

函館人「クレープ・・・?ディッパーダンは札幌にもありますよね」

札幌人「アンジェリック ヴォヤージュのクレープです。」

函館人「・・・・・・・・・」

札幌人「・・・・・・・・・」

函館人「・・・美味しいですよね、あれ(満面の笑み)」

札幌人「あんなに美味しいクレープは初めて食べました。」

函館人「私も大好きです。あなたとは趣味が合いそうです。」

札幌人「・・・もし良ければ、いつか一緒に食べにいきませんか?」

函館人「是非・・・行きたいです・・・。いつか・・・二人で・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

いつか二人で行きたいね 雪が積もる頃に

生まれた街のあの白さを あなたにも見せたい

逢いたいから、恋しくて、あなたを想うほど

寒い夜は、未だ胸の奥、鐘の音が聞こえる

逢いたいから、逢えない夜には、あなたを想うほど

想い出には、二人が歩いた足跡を残して・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お疲れ様でした。

今日の講義はここまでです。

 

私が函館で一番好きな食べ物の話でした。

今回の講義はあくまで個人的な感想です。私の妄想だと思って下さい。

 

最後に、アンジェリックヴォヤージュのことを書いているブログのURLを貼ります。

賞味期限わずか30分の濃厚クレープが国際的な人気 / アンジェリック ヴォヤージュ

 

賞味期限30分のクレープ。

函館に足をお運びになった際は、是非食べて見てください。

 

以上、札幌に来て2年半、少し函館が恋しくなった三浦でした。

 

Au revoir

一週回って

 

皆様お疲れ様です。事務担当の中村です(^^)

早いもので10月も中旬。
弊社の社名が変わってはや半月が経ちました。

画像①

そして、8月頃から始まった2階の増設工事も着々と進み、もうすぐ完成間近です。

画像②

みるみるうちに建物ができていく光景を近くで見ていると、本当に大工さんの技術は素晴らしいなと、改めて感じました。

そして、そんな大工さんたちと密接な関係にあり、お客様の住宅がよりスムーズに建設されていくよう管理、統括している人物が弊社にもおります。

グッドフィールドのタッキーこと、木村武将工事統括部長です。

画像③新

 

今回私のネタ切れを危惧して、写真OKいただき、盛大にキメていただきました。
なんて絵になるのでしょう。

軽く自己紹介もお願いしました。

『はじめまして、イケメン大好きおじさんの木村です。
ジャニヲタです。最近特に好きなのはキンプリ(ミスターキング)の高橋海人くんです。
とてもかわいいと思います。アニメも大好きです。今クールで一番良かったのは「彼方のアストラ」です。とてもの面白かったです。おすすめです。』

他にも何か言ってましたが長いので割愛します。
ちなみに私はハロヲタです。特に好きなのはモー娘。の(ry

てなわけで、社名も変わり、社屋も大きくなることですし、ここらで心機一転、社員の様子や仕事風景を不定期でお伝えしておこうかなと思います(今更感)。初めましての方もそうでない方も、札幌支社の人間の事を少しでも知っていただける機会になればなと思います。(主にネタがない時に書きます←)

もっとコアにみんなの事を知りたい!という方がいらっしゃいましたら、鎌田さんのブログを読んで頂ければ、綿密なプロファイルが読めますので、そちらを是非!

グッディングイレブン DFライン

 

こんにちは

いつまでたってもロナウジーニョの輝きが忘れられない

左サイドからのカットイン大好き鎌田です。

 

グッドイレブンの企画が始まって以降

事務所内で次は誰がスタメン出場できるのか

そわそわした空気が漂っていた中、監督である私にアピールしてくる

者もおりましたが、私はそんな忖度に惑わされる事なく

選手のコンディションや能力を勘案して

ベストイレブンを選出してきたいところですね!

 

さーそれではさっそくポジションを発表していきましょう!!

 

本日ご紹介するポジションは、、、、、、、

左サイドバック!!!!!

そう!このポジションといえばあの人!

サッカー日本代表DF長友佑都選手!!

豊富な運動量とキレのあるドリブル、そして正確無比なクロス

現代サッカーにおいて最も重要なポジションといっても

過言ではないでしょう!!

 

その大切な役割を担う弊社の選手はーーーー???

後藤さんっっっっ!!!!

グッドフィールドの青龍偃月刀と言われるほどの

切れ味を誇る暴力という名のドリブルは

相手陣地を大きく切り裂き、正確無比な

クロス(仕事)を供給してきます。

そのドリブルは最初は狂気さえ感じる程の切れ味ですが

そのドリブルは時に美しさを感じる程洗練されており

相手DFを完全に無力化するほどです。

 

※ドリブル→暴力   DF→私

上記を当てはめて読み直して見て下さい。

 

まだまだ言いたいことは山ほどありますが

これ以上、言いすぎますと本当に大変な事に

なりますので、この程度に留めておきましょう。

 

ただ、今様に勘違いはしてほしくありせん。

監督して言わせて戴きます。

後藤さんは二人きりになった時に

本音を漏らすタイプで、その時は一切人をディスることなく

海のように深い優しさで包んでくれる生粋の兄貴肌な男!

 

その生き様は豊富な運動量で攻守に奔走し続けながら

ライン際を支配するサイドバックの姿そのもの!!

 

そんな厳しさの中にも男の優しさが

溢れ出てる後藤さんを自身を持って

サイドバックとして選出致します!

 

 

ピッピッピーーーー!!

おおっっとー!

ここで試合終了のホイッスルーー!!

次の選手紹介は次節に持ち込みとなってしまいました。

次はどの選手が選ばれるのか!?

また1か月間に渡って弊社社員の私に対する

アピール合戦が始まるのを楽しみにしながら

過ごしていきたいと思います。

それでは皆さん、また来月お会いしましょう!

 

次節

~「グッドイレブン2019 魂のランニングバック」~

乞うご期待!

ピカチュウの頭身には親近感しか感じない

 

こんにちは。

副業でポケモンマスターはじめました齋藤です。

 

IMG_3890-1

 

もうそろそろチョコエッグにかけたお金が5,000円を超えそうです。

カビゴンが当たったらください。

 

 

さて、すっかり最近は秋らしい?季節になってきていますが、

僕も世間に流され「オータムフェスト」に行ってきました。

食欲の秋とは怖いもので、オータムを散々フェストした後に

とうもろこしを頬張る三浦さんがいました。

僕もピーク時のカオナシの様な食べっぷりだったので、

秋にはのまれないようにがんばります!

 

 

↓今回はオープンハウスの告知↓

hd_01-644x146

のほかに皆様に重大なご報告があります!!

 

 

10月より・・・・

 

「グットホーム株式会社」「グッドフィールド株式会社」

 

「グットホーム住宅販売株式会社」「グッドネクスト株式会社」

 

社名変更いたします。

 

社名は変わりますが、これまでと同じように不動産業をして参りますので、

今後ともよろしくお願い致します。

 

毎週更新を宣言したものの早速離脱した三浦さんの来月の

投稿にはご期待くださいませ。それでは!